トップ画面へ   ニュース   メデューサ   スティーノ   サポート   登録   会社案内
   
| 最新トピックス | 製品概要 | パッケージ | オンラインサポート |
| お問い合わせ |

STHENO/PRO 製品紹介ムービーをご覧いただけます。 [2008年8月28日]

STHENO 操作概要 AVIファイル
PRO/E インテグレテッドモード機能紹介 AVIファイル
PRO/E インテグレテッドモード機能紹介 FLASHムービー
INTRALINK 機能紹介 FLASHムービー


日本語 STHENO/PRO V3.0 シリーズがリリースされました。 製品パッケージおよびオプション製品は以下の通りです。 [2007年9月28日]
    STHENO単体(スタンドアロン)製品 STHENO/PROインテグレーテッド製品

STHENO/PRO V1.3.1 日本語版パッケージ出荷開始。 [2005年4月1日]
    本製品の特徴、製品パッケージおよびオプション モジュールについては、 製品紹介、および サポートページ を参照してください。

STHENO/PRO V1.2 日本語版パッケージ出荷開始。 [2003年11月14日]

ライセンス発行ポリシー」のご説明を掲載しました。 [2003年7月11日]

STHENO/PRO“ペガサス・プロジェクト” Pro/E Wildfireのバンドルから外れる 。

"Pegasus"プロジェクトの製品名が発表されました。CAD Schroer GmbH(独 キャド・シュローア社)のアナウンス、または PTC EUC(Berlin)での発表資料(ppt日本語版)[zip圧縮版]をご参照ください。[2002年5月21日]

STHENO/PROTM (スティーノ/プロ)はPro/ENGINEER®カスタマーの為に設計された新しい高品質2Dドラフティングシステムです。 本製品はドイツ CAD Schroer(キャドシュローア)社が開発し、2D CADでは最先端技術が採用された製品です。 Pro/ENGINEERユーザによく知られているインターフェースと共に、MEDUSA®2Dカーネルを中心技術に採用し、STHENO/PRO は設計者が抱える多くの2Dドラフティングの問題に対する解答であり、再考の機会を提供します。

すでに高機能な3DシステムであるPro/ENGINEERと共に、連想性を持つ2DディテイリングシステムのPro/DETAILTMを使用しているカスタマに、なぜ新たな2Dドラフティング システムを提案するのかと思われる方も多いことと思います。Pro/DETAILは3Dモデルを詳述することを目指したもので、決して2Dの詳細ドラフティングを目指したものではないからです。 STHENO/PRO は現在のドラフティングに関する問題解決、特に2D形状作成およびそれらの編集に的を絞ったエリアをターゲットとしています。

これら2Dの世界では、レガシーデータのメンテナンス、概念設計、大規模レイアウト、あるいは他の2Dデータ生成等、従来の2Dドラフティングをベースとしたもののみが純粋な2Dニーズを解決することができると確信しています。 STHENO/PRO によりそれを示し、実証したことをお確かめください!

STHENO/PRO
は単一のWindows環境のように、直感的な操作ですべてのタスクのインタフェースを備えたウィンドウで動作します。このインタフェースは、2D設計者の作業を反映し、それを自動化すると共に、操作を学習するための時間を低減します。

インタフェースは、使用者のプロフィールにより使用可能なツールセット(技術レベルの最適化と任意選択)の概念を持ちます。例えば、初心者メニューは、単一のツールトレーからアクセスされる基本ドラフティング機能をすべて許可しています。

STHENO/PRO はエンジニアが仕事をこなす手法をベースにデザインされています。各ツールは現実の図面作成に必要な機能から構成されています。

システムは広範囲なスタイル概念を持ちます。スタイルは、各要素特性が定義されることを指します。設計者は自動的に階層化するための基準を設定し、一連のスタイルを定義し、色とラインフォントに使用します。

STHENO/PRO は設計者が期待する2D機能を包含し、ラインとテキストの各種スタイル、各規格(ANSI、BSI、 DIN、JIS、ISO)による寸法機能を備えます。

さらに作業補助線機能では、自動的に補助ラインを発生させる機能を装備しています。


STHENO/PRO
の最も重要な機能は、Pro/ENGINEERとの統合設定です。これは他のソフトウェア製品にはない特徴で、ひとつの設計環境を作り出すことが可能です。 STHENO/PRO フォーマットのドローイングは、 Pro/Eファイル メニューから簡単にインポートとエクスポートが可能です。これにより、Pro/DETAILドローイングと STHENO/PRO ドローイングはどちらも相互に利用可能となります。

Pro/ENGINEER からは、 STHENO/PRO はPro/Eのひとつのモジュールとして使用可能です。 この場合、シームレスな操作を可能とし、相互に自由な切り替えが可能です。

● 親しみやすいユーザ インタフェース
● Pro/Eの1モジュール、またはスタンドアロンとしてのフローティング ライセンス設定
● インテグレーテッド モードでのPro/DETAILと STHENO/PRO との自動切換え
● 各会社標準図の登録
● Pro/Eとの双方向、 MEDUSA 及びDXF/DWGインタフェース
● 2D Power Toolsの装備(2D HLR、2D Assembly、Auto Limit/Fit Calculation、2D Parametrics、Auto Scaled Views)
● カスタマイズ設定

● レガシー2Dメンテナンスと表示
● 2Dコンセプト、レイアウト、構想図
● 図面のマークアップ
● リモート サイト オフィス
● Pro/DETAILドローイングへの2D要素追加(プランシート、テクニカル マニュアル)
● 2D詳細図で参照する標準規格部品ライブラリ

● Windows-NT、2000及びXP®
● Sun/Solaris® 及びHewlett Packard HP-UX®
STHENO/PRO はフローティング ライセンスを採用し、すべての2Dツール、基本的なシンボル ライブラリ、2Dインタフェースを含みます。

STHENO/LINKTM はオプションでWindchill® Work group ManagerをSTHENO/PRO で使用可能とします。

STHENO/IMAGETM はRaster Backdrop機能を使用可能とするオプションです。
オンラインサポートはトップ項目の「Support」からお入りください。尚、「Support」に入るには「Registration(登録申請)」が必要です。
お問い合わせはメールにて service@cadstream.jp へお送りください。



Copyright(c) 2002 CadStream Japan, Inc. All rights reserved.